FC2ブログ
プロフィール

かいこ

Author:かいこ
東京都に住んでいる学生。
相変わらずブログ更新サボってます。
twitter:@kaiko_alpha

自分の写真をどっかで使う人なんていないと思いますけれど、もし使うのであればコメントでもtwitterにリプライでもいいので伝えていただけると幸いです。事後報告でもいいので。

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
カウンター
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム
タグ

ミリラジ アイマスSSA 過去記事 LTP TrySail 東京メトロ 

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年。

なんか知らんうちに2017年も最後の日になってしまったので、月毎くらいに今年の振り返りを。
久々に更新画面開いたら下書き放置が大量にあってびっくりしました・・・

おそらくいろんなのが混ざっていてごった煮になります。

1月、今年のイベント始まりは7日のTrySail名古屋公演。この公演自体には正直あんまりいい思い出がないというかツアーの中でも特に・・・という公演でした。2016年末までMRとかでイベント尽くしだったのと、毎週もちょのイベントがあるのが続いたまま年越しだったので、年初!という感じもそんなになく。
その反動か、翌週の大阪はユーフォの聖地巡礼したり遊び呆けて、いろいろと楽しかったなあと。帰り道に「オリジナル。」のPVロケ地巡りまでして帰ったのは完全に浮かれ気分でした。千葉はナンスのソロデビュー発表もあったり、ツアー通しての成長を感じ始める公演だったりしたので、個人的に嬉しかった公演になりました。翌日、「センパイ。」のリリイベからころあず・みかこしの対バン回そうとして失敗に終わったのも今となってはいい思い出です。
ツアーについては福岡や横浜もすごく楽しい公演で、横浜に至っては"帆"のホテルに泊まるわけわからんこともやるくらいに楽しんだ、年を跨いでの1つの長旅でした。4月以降の自分が決まった1月以降は、次はないからと本当に真剣に楽しんでいましたね。

3月、ミリオン4thライブ。初日でこそ文句を言っていましたが、2、3日目はいろんな人の成長やキャラクターを背負って一緒に歩んできた時間を浴びてそれだけで幸せだなあと。笑顔にならないようにしているとどっかで話してた(たぶんコメンタリーかなにか)ころあずが笑顔で、そして今までの振り付けとは異なるように「Precious Grain」を歌っているのが、ゲッサンで描かれた「いつか…武道館いっぱいのファンの前で歌うんだ(1)」という夢を叶えた静香に見えて。もしかしたら今年1番印象に残っている瞬間かもしれない、嬉しかった時間でした。
3日目の「君との明日を願うから」も予想がいくら容易に出来たところで逃れられない、ミリオンライブ楽曲"最後"の披露。ゲッサンの台詞をそのまま引用した演出はありがとうミリオンライブという感じ。今思えば、この4thライブがGREE版ミリオンライブの1つの到達点だったのかな。その後の「Brand New Theater!」は「ドキドキが爆発しちゃいそう!」で誰よりも爆発させてたもちょにやっぱ好きだなあとなりました。
それから1ヶ月と短いスパンで765ミリオン合同ライブの台湾公演、みんなで「M@STERPIECE」歌ってたのが嬉しかったです。この時予定が異常にタイトだったので、今度海外行く時はゆっくり行きたいなあ。

その4月からは『プリプリちぃちゃん!!』のアニメがスタート。毎週土曜朝に見てから仕事に行くのが気付けば習慣化していたので、終わってしまったのが寂しい限りです。ちゃおフェスで小さい子を相手している麻倉さんがお姉さんしててほっこりしたり、個人的にこういう人になっていってほしいなというのが部分的に見られたので嬉しかったり。
5月頭にころあずの東京公演。ジレンマツアー、イベント被りやらその他の都合でほとんど行けなくなって、ここと7月振替の仙台だけになっていました。仙台は「DEAREST DROP」が好きすぎて行ったみたいなところがあって、ちょっとだけ「DREAM LINE」の頃を思い出しますね。

7月、TrySailアリーナツアー。まさかの全曲披露で本当に嬉しかったです。3rdライブのときにしなかったことをずっと思っていたので、「あかね色」をアレンジしてハモリ曲にしつつ、セットリストがカバーなしで、そしてTrySailとしての全楽曲披露ライブが出来たことに成長なんかを感じて。「TAILWIND」で背中を押してくれるのも、ここまでやってきた3人だからこそというのがあってすごく嬉しいなと。

8月、なぜか沖縄でシンデレラのLVを見に行きました。アニメ後もそれ以上に盛り上がってるのを見ていてすごいなと。知らない曲だらけでしたが、ふらっと行けて良かった。

9月終わりには劇場版ユーフォ2が公開されて、総集編と思って行ったら大胆に構成を変えられてて驚きました。久美子2年生編の小説もとんでもないことになっていたので、来年の映画が本当に楽しみです。

10月。はっちぽっちでこーりーさんの「arcadia」を歌っているところに衝撃を受けて。ミンゴス、小岩井さん、雨宮さんという歌唱力オバケみたいな面子の中に入れられて、それでいて遜色ないどころか、その中でも1番なんじゃないかくらいに歌声を響かせていたのが、この人どうなってんだ、という感じで。メガトンボイスに行けなかったのを割と後悔するくらいにはとんでもない人でした。「ハミングバード」はいつ聴けるかなあ・・・
それからみっくBDにもふらっと行きました。MVの世界観で映像流しながらの進行、何も知らずに行ったんですが割と作り込まれてて良かったです。たまにはふらっといくのもいいなーなんて。

月が変わるころにもちょの3rdSG「カラフル」が発売。このシングル、今までのシングルの中で"らしさ"を1番感じて、1番好きなものになりました。MVでエキストラをバックに踊るシーンなんかは、人を引き寄せてくもちょにぴったりだなあと思ったり。それからカップリングの「No Distance」、聴いているだけで自然と気持ちが上を向いていくような励ましてくれる曲で、今年1番好きな楽曲に飛んでいきました。12月のリリイベ、ソフマップ回では珍しく緊張していて、それこそ最初の池袋のリリースイベントよりもだったんじゃないかなという感じで。かなり印象的な回になりました。

11月、『エロマンガFes』の演劇風朗読劇がすごくいい企画だなと。こういうのもっと増えたらいいのにな。

12月はほかにころあずの新アルバム『So What?』を引っさげてのライブも。楽しかったは楽しかったんですが、たまには昔の曲も聴きたいな~とそろそろ思ってくるのでした。曲増えるスピードが早いから仕方ないというのはそうかもしれないのですが。でも「ストーリーテラー」とか「そう上手くいかないものです。」とか「僕は空を飛べない」とか「ころあるき」とか大好き。

年末最後の一週間は、雨宮さんのライブとミリオンのリリイベと、なぜか応募して当たっていたので参加しました。
どっちにも共通して思ったのが、ソロだったりパート分けが変わったりするだけで、こんなにも曲の印象って変わるんだなあということ。当たり前といえば当たり前のことで、何をいまさら言っているんだという感じではあるのですが、雨宮さんのソロでの「High Free Spirits」では2番A'メロ、バックが消えての"決められた定めも"が強烈に引っかかりを覚えたり、サビの3人パートもナンもちの必死感が減った分どうしても物足りなさがあったり。ほかの人が歌うパートを雨宮さんが歌うとどうなるのかというのが分かって貴重なものだし良かったのは良かったのですが、TrySailって絶妙なバランスで成り立ってるんだなあと意識させられる曲に。
ミリオンのリリイベの方ではゆきよさん・あいみんの「FairyTaleじゃいられない」。ミリオンなんてそれこそメンバーが揃う方が珍しいし、CDのパート分けをライブで聴くことは一部の曲しかなくてこの曲はそれに該当しない楽曲なのですが、音源で静香が担当している落ちサビの"無口に燃えてる"からのくだりが強烈なので、それを2人がどう分けて歌うのかなと楽しみにしていました。個人的にはあいみんが高らかに歌うのかなーとか想像していたので、そのパートを2人が柔らかに、優しく歌っていたのがこの歌届け!みたいな感じが身にしみて伝わって来て。音源の尖りに尖った曲とはまるで違った歌になってて、それが良かったです。

来年はまたTrySailのツアーがあるので、どれくらい行けるかわかりませんが一回一回を大切にしていきたいですね。


それから今年印象に残った楽曲を挙げていきます。みんなやってるので。順位付けしてありますが4位以下は割と適当。

10. TrySail「オリジナル。」
自分の中でのいろいろと重なって天才的なタイミングで降ってきた曲。"背中を押されたんだ"~"鳴り響く未来告げるチャイム"の無音を噛み締めたい、未来を向いたいい曲です。

9. 田所あずさ「DEAREST DROP」
それまでの路線から少し戻ったような王道曲。田所さんが持つ悲痛な力強さが存分に発揮されていて、それで作品に合致しているのが流石だなあというか。

8. LiSA「Catch the Moment」
王道を行く・・・というわけではなく、ピアノがエモすぎるのでここに置いておきます。印象的なイントロ以外にも随所に使われているのがヤバい。

7. 大橋彩香「ワガママMIRROR HEART」
構成が天才的。今年冬クールの音楽としては外せない存在です。

6. Starlight Melody「Starry Melody」
実際のライブでは序盤に置かれてましたが、勝手にGREE版ミリオンライブのエンディングテーマだと思ってる曲のうちの1つ。"みんなとだから ここまでこれたんだ"

5. 夏川椎菜「グレープフルーツムーン」
1本の物語を見せてもらったような、そんな楽曲。こういう方面の夏川さん、上手いなあと。

4. TrySail「Journey」
TrySailとしては「あかね色」以来のバラード。麻倉さんの低音が映えてるのと、「TAILWIND」と同じく励ましの、前を向かせてもらえる楽曲でした。

3. 田所あずさ「ストーリーテラー」
こういう歌詞が本当に好き。

2. 桜守歌織 (香里有佐) 「ハミングバード」
ノビノビと何かを表現することの楽しさを示してくれた曲。ミリシタのショートバージョンの時点で暫定1位に立っていて、ロングバージョンで今年1番来たな・・・と感じていたのですが。それは置いておいて、2番始まりの変化が本当に楽しく、サビのロングトーンも心地よくて、これ本当なのかとさえ疑いたくなるようなものになっていて。『メガトンボイス』、ニコ生を家で見ていてこの曲の力を真正面からぶつけられて、ちゃんとCD積まなかったのを後悔してエロマンガFesと被っていたリリイベ積むか迷うくらいには、気持ちを揺さぶられました。早くライブ環境で聴き入りたい・・・

1. 麻倉もも「No Distance」
上でも書きましたが、寄り添って一緒にがんばろう、と言ってくれてる感じがあるのが本当に良い。直接でなく、暗に表現しているのが麻倉さんらしいなというか。今年最も嬉しい楽曲になりました。


来年はどんな曲と会えるかな。

(1) 門司雪「アイドルマスター ミリオンライブ! 1」p.152より。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。