プロフィール

かいこ

Author:かいこ
東京都に住んでいる学生。
相変わらずブログ更新サボってます。
twitter:@kaiko_alpha

自分の写真をどっかで使う人なんていないと思いますけれど、もし使うのであればコメントでもtwitterにリプライでもいいので伝えていただけると幸いです。事後報告でもいいので。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
カウンター
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
検索フォーム
タグ

ミリラジ アイマスSSA 過去記事 LTP TrySail 東京メトロ 

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/12 “The Age of Discovery”福岡

ツアー地方公演の最後は、福岡公演。もちょの凱旋公演ということで相当な期待の元で福岡に旅立ちました。福岡遠征のことはいつか書きたいよなあ(いつもの書かないやつ)
福岡自体は4月初めのミリオンツアー以来、あの公演は無限に最強だったので、そういう意味でも期待値は上がっていました。

ちなみにこのブログは一度9割書き上げたあとブラウザが強制終了して全て消失するという目に遭ってしまったので、書き直したものです。消失したメモを元に再度書いたので、グダグダ具合がいつもの数倍になってると思います。
セットリストは
  1. Sail Out
  2. オリジナル。
  3. BraveSail

  4. Chip log
  5. Silent Sword(雨宮天)
  6. グラビティ(夏川椎菜)
  7. 明日は君と。(麻倉もも)
  8. ゆずれない願い(カバー)
  9. センパイ。
  10. かかわり
  11. ホントだよ
  12. あかね色
  13. コバルト
  14. High Free Spirits
  15. Baby My Step
  16. Youthful Dreamer
  1. ひかるカケラ

でした。

ライブ始まりにスクリーン上に福岡が指された時点で既にエモかった。「Sail Out」で泣きそうになったし。
最初の自己紹介ではナンスがもちょの地元だけど、福岡に名を刻むと高らかに宣言。ここで地元と言われたもちょはドヤ顔で両手の人差し指を自分の頬に向けた後、親指を自分に向けたりと、その一連の流れがなんかすごい可愛かったのが印象的でした。
2曲目は年明けからツアーのセットリスト通り、「オリジナル。」。リリースが直前の水曜だったので、それから聴き込んで歌詞カードとかを見つつ頭に入れていたのですが、刺さる刺さる。天ちゃんが雑誌で言及してるとこなのですが、"同じ空眺めて~"と"別の空眺め~"の辺りの対比が半端でなく自分の脳に響いてきてしまうところで。この部分はかなりの人に気づきがあるんじゃないかという部分なのですが、TrySailのメンバーそれぞれを考えても当てはまるんじゃないかなあと思ったりするところでもあって、それは深読みしすぎてるんでしょうか。ナンスのソロデビューが決まった今、各々の活動が活発化するであろう時期の彼女らが歌うことの意味はあるんじゃないかと。

朗読劇はうどんでした。福岡=うどんとなるのは麻倉さん擁するTrySailだけなんじゃないかなあと思いますが。大宮で出てきた出前の人は実はうどん王子だったみたいな謎の繋がりが付けられていました。この朗読劇もあと1回、音源化もされないらしいのでどんな結末を迎えるのか気になるところです。

「Chip log」、間奏の振りは通常通りでした。『オリジナル。』発売日にナンスがブログでコールについて触れてましたけどそれはあんまりでしたね・・・直後のMCで括弧の部分も!とアピールされたり、雑誌で盛り上がるんですよ~とか言われてたりするのを考えるとちょっとさみしいところ。みんな覚えような!

ソロコーナーに入る前のMCでは、牧のうどん(たぶん博多駅BT店)でしめじのトッピングが売り切れていた事に言及がありました。翌日行ったときも開店30分で売り切れていて笑ったりしたのですが、このライブ当日も同じくらいに売り切れていたらしく。売り切れているの見たことないです!ともちょがびっくりしてました。そりゃそうだ。 2番目に好きなトッピングという話になり、まる天か肉うどんということになりました。前に2回目だったかに頼んだ肉うどんのあの甘っぽく変わる不思議な味は結構好きだったので、すごい分かりを得てしまった。それから、福岡に向かう際の飛行機ではナンもち天の順で座っていたらしいのですが、着陸する時、天ちゃんが手をきゅっと握ってまぶたも震わせながらぎゅっと閉じていたという暴露話もありました。ナンスはもちょの肩にもたれかかって寝ていたらしいですが。天ちゃんがカッコいい衣装で登場しつつもその話に触れられてしまい、そのギャップ感がたまらなかったです。それを暴露したナンもちは逃げるようにはけていって、残る天ちゃんが飛行機怖い人を聞いたりと挽回をはかっていました。
それでも「Silent Sword」で会場の空気を一変させて格好良い楽曲で魅了する姿は本当に素敵でした。
続いて、ナンスの「グラビティ」。最初に"いくよー!せーの!"と煽られるのが好きで身構えてしまったり。間奏で無重力を遊んでいるような振り付けがあったりして、楽しそうにしているのがホントに良い。これを歌っていくナンスの歌声、段々といつもより違う声に変わっていくような気がするのは気のせいでしょうか。横浜はどれを歌うんだろうな。
最後はもちょ、福岡は良いところなんです、なんてプレゼンを始めるも、ごはんがおいしい、と言って止まってしまったり。客席から女の子がかわいい、と言われたのを拾って、周りの子も結構可愛い子ばっかりでー、と言ったところで会場からもちょもかわいい、という声が飛び交って、それに照れながらありがとう、と言う姿がほんとにもう。それから適度に都会で、東京だと原宿やら渋谷やら新宿やら行かないといけないけれど、福岡なら天神に行けば全部ある、と力説。福岡って最強だと思うんですよー、みなさんも老後に是非みたいなことを言ってて頷いてしまいました。昨年からいろんなとこ行ったけど、一番を決めるならほんとに福岡だと思うんですよね。
それから福岡に帰ってきた、ということで『おかえりー』が飛び交い始め、それを受けて「ただいまー!」『おかえりー!』をやりたかったのか、制止して大きく声を出したのですが「おか・・・」と言い間違えて顔を覆う一幕も。後のMCで天ちゃんがこのネタで1週間はいけると話すほどのハイライトでした。でも仕切り直してしっかり「ただいまー!」『おかえりー!』をやった時の「ただいま」は、この日一番の思い出です。
「明日は君と。」では随所で笑顔が溢れ出ていて、最後の振り向いてドヤ顔っぽく笑みを浮かべるところまで今回はニコニコとしていました。

ハモ曲、「ゆずれない願い」はおそらく最後。そして何らかの形で出ることもないんでしょうね。4回の披露で磨かれていった歌声、ほんとにきれいで、残らないのがもったいないと思えるほど。
日替わり曲前のウェーブは、大阪から始まったTrySailならではを出す流れをそのままに、「立ちましょう立て!」『やー!』でのウェーブ。色はうどんに因んで白と緑。1列ずつ前から後ろに立っていったのですが、『やー!』が前から後ろに伝播していくのが面白かったです。
仙台以来となる「ホントだよ」では、2番終わりのコールの後に、もちょが笑顔で「よーできとーよ!」。こんなことがあっていいのだろうか。昔は「よくできました!」懐疑派だった自分もこの場所で殺されかける日が来てしまいました。最近では「Baby My Step」に取って代わられちゃってセットリスト入りすることが少なくなったけど、もっとやってほしいな。そんなふうに好き放題騒いだ後、一気に空気は変わって「あかね色」。3人で繋ぐ感を強く押し出すようになった最後の部分は更に磨かれていて、特にナンスのソロ最後の伸ばしが伸ばしすぎない絶妙なタイミングに。偶然か狙ったものかわかんないですけど、非常に良かったです。
そして一気にラストスパート。
「High Free Spirits」の、曲の進みに合わせてどんどん昂ぶっていくナンスが間奏で見せる「ふくおか~!!」の気迫はまた一段と強くなってました。間奏後のBメロの"昨日と~"も強すぎるんじゃないかというくらいに大きく出ていたのが印象的。
あと「Baby My Step」は楽しく指を振れた記憶があるのでそういうことにしておきます。

ツアーの地方公演は最後、というMCを聞いてちょっぴりさみしくも。11月からとんでもない密度だっただけに、最後という言葉は響くものがあります。
最後の1人ずつのMCでは各々福岡弁を披露していました。ナンスも最初の宣言に触れて福岡弁を披露していましたが直後にもちょが自然に福岡弁を混ぜていたので完全に食ってかれた格好。バイリンガル(本人談)にはそりゃ勝てない。
いつも遊んでいる「ひかるカケラ」では頬を寄せ合ったりしはじめました。あとはナンスが"キミを見つけたよ"の腕を下ろす振りで指を突き出すようにしてて、見てた限りは全部それをやるもんだから振りを忘れての開き直りかなあと思ってたんですが、隣の黄色いオタクによりあれは最初から確信犯だっただろうという結論に至りました。当人のブログもそれっぽかったし。隣にも飛んできていたのでおめでとうという感じでしょうか。そういう夏川さんなりのスパイスの利かせ方、結構好きです。

気付けばゴールの実家。各地を回って見つけた物を存分に見せてくれる、そんな公演になるんじゃないかなという期待でいっぱいです。楽しみ。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。